池袋デリヘル相場

リラックスしている

池袋の歴史

東京の中でも人気の風俗街の池袋は、新宿、渋谷と合わせてギャル系の風俗が密集しているエリアになっています。池袋エリアのデリヘルの相場は、60分で13,000円と平均よりもかなり安い価格設定になっております。ここ数年で池袋の相場が下がってきたのは、信じられない程の激安デリヘル店が多く出店されてきたためで、30分で4,400円という超激安なデリヘルも珍しくなくなりました。池袋には、老舗の高級ソープランドをはじめ、セクキャバやピンサロなどもありますので、様々な風俗サービスの中から選んで貰うためには、価格競争は最低限必要になってくるのだと思います。特に新規出店の場合には、既存店との差別化を行うために、料金は安くなる傾向にありますので、今後も徐々に相場は下がって行く可能性があります。

池袋というエリアは、関東でも有数の遊郭のある吉原程ではありませんが、人気の風俗街として長い間発展していました。特にデリヘルは昔から盛んなエリアで、吉原との棲み分けがしっかり行われているエリアとなっていました。1990年代に登場したコギャルブームでは、日焼けした若い女性が高校生の制服を着て行うコスプレが大人気になり、同じコギャル系デリヘル店の多い、新宿エリアや渋谷エリアなどと合わせて一大ブームを築きました。現在もコギャルブームから発展したギャルブームは続いてますが、最近ではギャル系に加えて、人妻などをターゲットにした熟女系のデリヘルも登場し、更なるブームを起こしています。今後は熟女系とギャル系の二本柱で発展して行くと予想されます。